読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボードゲームで覚えるドイツ語!

ボードゲームに出てくるドイツ語や使えるドイツ語を紹介するブログです。

まずは読めるようになろう!ドイツ語読み方の基本①〜アルファベット編〜

この記事では、ドイツ語の基本の読み方を解説します。

意味がわからなくてもドイツ語が読めるようになれば、今まで曖昧に発音していたボドゲのオリジナルタイトルや役割、カードに書いてあるドイツ語を自信をもって読めるはずです。がんばってマスターしてみましょう。

 

ßやäの読み方は?ドイツ語のアルファベットは全30種類

 

 英語の場合、アルファベットはA〜Zの全26文字ですが、ドイツ語の場合はそれに加えて4文字増えます。まずはアルファベットを読んでみましょう。

 

▼まずはA〜Z 

f:id:mignon53:20161209005414j:image f:id:mignon53:20161209012649j:image

 

文字は同じでも、読み方が英語とは若干違いますね。

特に途中のJ(ヨット)、最後のV(ファオ)、W(ヴェー)、Y(イプシロン)、Z(ツェット)などは、英語とはまったく異なる読み方になるので注意しましょう。

 

続いてドイツ語特有のあと4文字です。

ドイツ語には、特定の文字の上に 「  ¨  」 という記号をつける場合があります。

これをウムラウトとよび、ウムラウトには変音させる効果があります。

 

 ▼ウムラウトがつく文字

 

① Ä  ä   アーウムラウトと言います。実際に発音するときは「エー」となります。

 

② Ü  ü   ウーウムラウトと言います。実際に発音するときは「ユー」となります。

 

③ Ö ö.  オーウムラウトと言います。実際に発音するときは「オェー※」となります。

※発音はオーの口をしながらエーと言うイメージです。難しい場合は「エー」と読みましょう。

 

▼ß(エスツェット)

 

このβ(ベータ)のような文字は「エスツェット」と読みます。

見た目からはあまり想像ができませんが、音としては「S」で、ssと書き換えることも可能です。(あえてssではなくßで書く場合もありますが、ここでは割愛します。)